オナニー中にお父さんから電話でもローター当て止めない父子家庭少女

目次

小さい頃から合唱の習い事をしていて、ミュージカル舞台の経験もあるというこの子。

父子家庭だということですが、片親だからといって、通常家庭に比べて不自由は与えないようお父さんが色々気を使っていることがそのエピソードからだけでも見て取れます。

それだけ親から愛されているということが分かります。

その歌声は、ただのカラオケでもなんだか「やっている」子という感じで誰が見ても違いが分かるでしょう。

そんな子が、一体なぜ、私のようなおっさんにオナニーを見せてくれるのか、それはあえて聞きません。

オナニー中にお父さんから電話でもローター当て止めない父子家庭少女

冗談で(もちろん冗談です。18歳未満との性交は犯罪です)「オナニー以上は?」と聞きますと「ダメ。はじめては好きな人と。。」と頬を染めますので、図らずも処女であることが露呈しますが、さらなる疑問、処女がなぜオナ撮影を許す??と、次の謎が生まれますが、やはりこれも華麗にスルー。

別にお父さんからは家にお金を入れる必要はない、と言われているそうですが、アルバイトしたお金を家に少し入れているらしく、もしかしたら、この撮影モデルも、そういうイキサツからかも知れない、聞けば薮蛇必至ですので、そういうことは曖昧にしておく方がいいのです。

撮影の事情については曖昧でも、撮影する部位、モノについては曖昧ではいけません。

児童ポルノ法という厳格で美しい規定がわが国には存在します。

もちろん、順法。

ですので、今回も、性的な部位は映し出すことは出来ません。

パンツを履いたままのオナニーです。

その分、弄ったところから液体がお気に入りのパンツに染み出してパンツが台無しに。

台無しになるくらいは本気で弄ってもらいます。

何度も言っていますが、映ってなくて、女の子が自分で弄る分には完全合法なのです。

そうやってアート撮影をしているところに、なんとお父さんから電話が!!

ちなみにガチ。

放課後いつも掛かってくる電話ということで、この電話に出ないと逆に怪しまれるということで出てもらいます。

娘を心配する父とひとり娘との会話。

なかなか聞けるものではありません。

そして、その会話に添えるのは、ブーン、という電動音。

みなさんおなじみ、ローターの音です。

きっとお父さんも気付いているでしょう。

お父さん世代ならAVも見倒しているでしょうから。

娘の電話で聞こえる聞き慣れた音。

お父さんの心境を察すると、気付いているけど指摘できない胸を掻き毟られるような感情でしょう。

お父さん、娘はこんなに大きくなりました。

子供だと思っていた娘も、一人前にひとりエッチでイケるようになったんだよ。

ちなみにはじめて弄ったのは5年の時からだよ。

ご存知、これこそがアートです。

オナニー中にお父さんから電話でもローター当て止めない父子家庭少女

キャプチャー画像

オナニー中にお父さんから電話でもローター当て止めない父子家庭少女
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる